NEWS

ニュース

2017.10.03

北海道大学内にAI開発拠点となる「AI HOKKAIDO LAB」を開設

北海道大学内にAI開発拠点となる「AI HOKKAIDO LAB」を開設
~パナソニック、シリコンバレーで多数のR&Dを主導してきた土田安紘氏が所長に就任~

サツドラホールディングス株式会社(東証一部 証券コード:3544 本社:北海道札幌市 代表取締役社長:富山 浩樹、以下「サツドラHD」という)のグループ企業である、AI TOKYO LAB株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北出 宗治、以下「当社」という)は、北海道大学内に、当社のAI開発拠点となる「AI HOKKAIDO LAB」(札幌市北区北21条西12丁目2北大ビジネス・スプリング105)(※1)を開設し、2017年10月3日付けで、北海道大学OBであり、パナソニック(株)、シリコンバレーで多数のR&Dを主導してきた、土田安紘氏がAI HOKKAIDO LABの所長に就任したことをお知らせします。 ※1)北海道大学内において、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営するインキュベーション施設(北海道大学連携型起業家育成施設)

■背景

当社は2016年6月の設立以来、企業の生産性向上及び業務効率化を実現するAIソリューションの開発、並びにコンサルティングを行なっており、設立わずか1年4ヶ月ながら、大手企業を中心とした顧客のAIソリューションパートナーとして評価をいただいております。 また当社は、AIソリューション開発の加速を目的に、2017年6月にサツドラHDと資本提携を行い、サツドラHDグループが北海道を中心に展開する約190店舗のドラッグストアでの実証実験や、北海道の地域共通ポイントカード「EZOCA」(会員数150万人)、サツドラHDのグループ企業であるGRIT WORKS株式会社が開発するリアルタイムPOS・基幹業務システムのデータなどと連携した、AIソリューションの開発を進めています。 2017年10月1日には、日本のAI研究の第一人者であり、人工知能学会の会長も務められた公立はこだて未来大学教授・松原仁氏と、ソシャールメディア、計算社会科学などで最先端の研究を推進されている東京大学准教授・鳥海不二夫氏を技術顧問として迎えることにより、サツドラHDグループが保有するリアルな店舗ネットワークとデータ資産を活用した、オンラインとオフラインをシームレスに融合した生活体験の創造や、AI時代にふさわしい先進的な働き方を実現するソリューションを開発、提供する体制を強化しています。

■「AI HOKKAIDO LAB」開設の目的

AI HOKKAIDO LABは、サツドラHDグループが展開する約190店舗のドラッグストアとデータ資産を活用したソリューションの開発を推進するR&D機関として開設しました。
AI HOKKAIDO LABの開設により、北海道大学との研究開発の連携を深めると共に、札幌を中心とした北海道内のAIエンジニアを積極採用し、サツドラHDグループの店舗での実証実験やプロトタイピングの開発スピードを加速することを目的としています。 AI HOKKAIDO LABの所長に就任した土田氏は、北海道大学を卒業後、パナソニック(株)の本社R&D部門にて多数の新規事業開発を担当した後、シリコンバレーに渡り、2012年から2016年まで米国・日本市場向けのモバイルO2Oサービス(※2)事業を立ち上げる等、豊富な経歴を持つと共に、弁理士試験にも合格した知財のスペシャリストでもあります。
AI HOKKAIDO LABは土田氏の統括の元、10名のスタッフでR&Dを開始しており、今後も北海道内での積極採用を行い、当社における研究開発を推進していきます。 ※2)Online to Offlineの略称。インターネット上のウェブコンテンツやスマホのアプリ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)におけるサービス(Online)を、実在する店舗(Offline)での集客アップや購買促進につなげる仕組みのこと。

■土田氏のコメント

様々な経験を経て、私が生まれ育った北海道にUターンし、北海道大学と、サツドラHDのリソースをフルに活用したR&D拠点でAIソリューション開発の陣頭指揮を取れることを嬉しく思っております。
私は、素晴らしいAI技術を持つ「北海道で働きたいと思っている方」また私のように「北海道外の企業に就職したが北海道で働く機会を探している方」がたくさんいると感じています。今後は、民間企業としての取り組みにとどまらず、皆さんの技術力と私のシリコンバレーでの知見を融合し、産官学連携による「サッポロバレー」を構築することで、北海道の産業発展にも貢献していきたいと考えています。

■土田安紘プロフィール

1977年 北海道勇払郡生まれ。
2001年3月 北海道大学大学院修士課程修了。
2001年4月 松下電気産業株式会社(現パナソニック(株))入社。NTTドコモ向け携帯電話のミドルウェア開発に従事の後、本社R&D部門にて幾つもの新規事業開発プロジェクトを主導。その後、米国シリコンバレーでの社内起業プロジェクトリーダーに抜擢され、2012年から2016年まで米国・日本市場向けのモバイルO2Oサービス事業を立ち上げ。帰国後は、パナソニック(株)とNTTコミュニケーションズ(株)の合同新規事業であるカメラシェアリングサービスPaNの事業立ち上げを主導。
2017年10月 AI HOKKAIDO LAB所長就任。

【会社概要】

AI TOKYO LAB株式会社

代表者  : 代表取締役社長 北出宗治
所在地  : 〒102-0073東京都千代田区九段北1丁目12番4号
設立   : 2016年6月
事業内容 : AIソリューション開発、AI導入コンサルティング、AI人材育成支援
資本金  : 1,550万円(資本準備金含む)
URL       : https://www.aitokyolab.com/

サツドラホールディングス株式会社(東証一部 証券コード:3544)

代表者  : 代表取締役社長 富山 浩樹
所在地  : 〒002-8003 北海道札幌市北区太平3条1丁目2番18号
設立   : 2016年8月
資本金    : 10億円
URL       : https://satudora-hd.co.jp/

■関連記事
2017年10月3日 日経新聞朝刊北海道面:
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21778570S7A001C1L41000/

お問い合わせ

ご質問などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6276-5970

(受付時間:平日10:00~18:00)