BEYOND AI

我々はAIテクノロジーを基に、人間の無限のアイデアを付加価値とし、
グローバルに活動するデジタルスペシャリストチームです。

  • f
  • LINE

OUR TEAM

  • HIROKI TOMIYAMA

    富山 浩樹代表取締役会長

  • MUNEHARU KITADE

    北出 宗治代表取締役社長
    (Founder)

  • HIDENORI KAWAMURA

    川村 秀憲博士(工学)シニアアドバイザー
    (Founder)

  • RYOTA ONO

    小野 良太博士(情報科学)AI アーキテクト

  • MAKOTO TAKAHASHI

    高橋 誠プロジェクトマネージャー

  • ROBERT JOHN

    グローバル マネージャー

SOLUTIONS

  • AI 最適化レコメンド

    人気商品と不人気商品の2極化が起きやすい状況であった従来のレコメンドエンジンから、在庫が存在するコマースサイトを対象に、人気商品に偏った表示をせず、AIにて最適表示させる事で売切れによる機会損失の軽減と、ロングテール商品の売上増加を可能にしました。

  • AI A/Zテスト for
    Banner

    これまで、作業者の主観と手作業で行ってきたバナーやページ校正などのA/Bテストを、機械学習を用いる事で無限のテストを高速に実施。最適な結果を自動で導き出します。成約率の最大化と制作者の負担軽減を実現します。

  • CXジャーニーモデリング

    顧客の家族構成や年齢、職業な、過去の購入履歴など、様々な情報を使用して、クラスタごとに優良顧客になるまでのステップ(カスタマージャーニー)をAIを使い自動で策定。

  • AI チラシ広告最適化

    顧客の購入履歴やWebの閲覧履歴や、パブリックデータと連動し、そのユーザーにとって一番効果の高いチラシの構成を自動で生成。最適化のゴールを購入率、来店率、ロイヤルカスタマー化率などから選択することができ、チラシの効果を最大化すると共に、印刷コストを削減することが可能。

  • お客様カルテ

    Webユーザーの閲覧履歴、情報入力結果を元に、そのユーザーが関心を持っている情報を収集し、店舗スタッフへシームレスに引き継ぎを行う。店舗でのヒアリング時間を短縮し、ユーザーの希望条件、興味を把握した上で、最適な提案を行うことで、営業効率及び顧客満足度を最大化。

  • 自動コミュニケーションチャットAI Chat

    言語認識により、フリーテキスト質問に対する回答を可能とするシステムを構築。当該システムを導入したコンシェルジュエリアをWebページに用意し、ナビゲーション及びフリーテキストによる適切な自動回答を実施。人を介さずユーザーが的確な情報に到達できる誘導を実現する。

  • 機器故障・トラブル予測YOSOKU

    独自のエンジンにより、機器の異常値を検出するだけではなく、近い未来の故障リスクとタイプを予測。あらかじめ情報を把握しておくことで、点検の際の重点項目を事前に決めたり、修理部品在庫の最適配置が可能になります。

  • AI コンシェルジュ
    ダッシュボード

    ユーザーの個人情報等を基に、ユーザーの問合せ内容を予測するシステムを実装。自動で当該質問のキーワード及び当該問合せに対応するマニュアルページ等を表示することで、 コールセンター担当者の対応工数を軽減するとともに、迅速な問合せ対応を実現。

  • AI 価格・
    需要シミュレーター

    過去に発売した商品スペックや売上高(使用履歴)などと、外部データ(天候やイベント)などを元に、商品の売上予測や、需要、価格の動向などを予測。適切な在庫準備やプライシングを導き出し、売上の最大化を支援します。

  • AI 最適化レコメンド

    人気商品と不人気商品の2極化が起きやすい状況であった従来のレコメンドエンジンから、在庫が存在するコマースサイトを対象に、人気商品に偏った表示をせず、AIにて最適表示させる事で売切れによる機会損失の軽減と、ロングテール商品の売上増加を可能にしました。

  • AI A/Zテスト for
    Banner

    これまで、作業者の主観と手作業で行ってきたバナーやページ校正などのA/Bテストを、機械学習を用いる事で無限のテストを高速に実施。最適な結果を自動で導き出します。成約率の最大化と制作者の負担軽減を実現します。

  • CXジャーニーモデリング

    顧客の家族構成や年齢、職業な、過去の購入履歴など、様々な情報を使用して、クラスタごとに優良顧客になるまでのステップ(カスタマージャーニー)をAIを使い自動で策定。

  • AI チラシ広告最適化

    顧客の購入履歴やWebの閲覧履歴や、パブリックデータと連動し、そのユーザーにとって一番効果の高いチラシの構成を自動で生成。最適化のゴールを購入率、来店率、ロイヤルカスタマー化率などから選択することができ、チラシの効果を最大化すると共に、印刷コストを削減することが可能。

  • お客様カルテ

    Webユーザーの閲覧履歴、情報入力結果を元に、そのユーザーが関心を持っている情報を収集し、店舗スタッフへシームレスに引き継ぎを行う。店舗でのヒアリング時間を短縮し、ユーザーの希望条件、興味を把握した上で、最適な提案を行うことで、営業効率及び顧客満足度を最大化。

  • 自動コミュニケーションチャットAI Chat

    言語認識により、フリーテキスト質問に対する回答を可能とするシステムを構築。当該システムを導入したコンシェルジュエリアをWebページに用意し、ナビゲーション及びフリーテキストによる適切な自動回答を実施。人を介さずユーザーが的確な情報に到達できる誘導を実現する。

  • 機器故障・トラブル予測YOSOKU

    独自のエンジンにより、機器の異常値を検出するだけではなく、近い未来の故障リスクとタイプを予測。あらかじめ情報を把握しておくことで、点検の際の重点項目を事前に決めたり、修理部品在庫の最適配置が可能になります。

  • AI コンシェルジュ
    ダッシュボード

    ユーザーの個人情報等を基に、ユーザーの問合せ内容を予測するシステムを実装。自動で当該質問のキーワード及び当該問合せに対応するマニュアルページ等を表示することで、 コールセンター担当者の対応工数を軽減するとともに、迅速な問合せ対応を実現。

  • AI 価格・
    需要シミュレーター

    過去に発売した商品スペックや売上高(使用履歴)などと、外部データ(天候やイベント)などを元に、商品の売上予測や、需要、価格の動向などを予測。適切な在庫準備やプライシングを導き出し、売上の最大化を支援します。

COMPANY

会社名
エーアイ・トウキョウ・ラボ株式会社
資本金
1,550万円(資本準備金含む)
代表取締役会長
富山 浩樹
代表取締役社長
北出 宗治
取締役
高野 徹朗
シニアアドバイザー
川村 秀憲
(北海道大学教授・「Sapporo AI Lab」ラボ長)
監査役
山本 明彦
本社
〒102-0073
東京都千代田区九段北1丁目12番4号 徳海屋ビル6F

CONTACT

お問い合わせ項目
INQUITY必須
お名前
NAME必須
会社名
COMPANY必須
電話番号
TEL必須
メールアドレス
MAIL必須
お問い合わせ内容
CONTACT 必須

MUNEHARU KITADE

北出 宗治代表取締役社長(Founder)

1978年北海道苫小牧市生まれ。
大学在学中からインターネットビジネスを始め、IT革命の可能性に魅了され、大学卒業後は米コンサルティング会社(D.C)、米レコード会社(NYC)にてリサーチ&マーケティングを担当。

帰国後、英会話学校事業の立ち上げに参画し、ITシステム部、WEBマーケティング部を統括する事で、同社の株式上場に貢献。
その後、ライブドア社にてメディア事業部マネージャー、GMOマーケティング社にて取締役を務めた後、電通isobarなどで大手企業を中心にコンサルティング、ソリューションサービスを提供。

2016年6月にAI TOKYO LABを創業し、2017年6月より現職。

HIDENORI KAWAMURA

川村 秀憲博士(工学)シニアアドバイザー
(Founder)

1973年北海道釧路市生まれ。
2000年3月北海道大学大学院博士後期課程修了。
同大学助手、准教授を経て2016年同大学教授。
2007年~2008年、日本学術振興会海外特別研究員、ミシガン大学客員研究員。
2017年6月から北海道の人工知能(AI)の産業活用を広げるための産学官の組織「Sapporo AI Lab」の座長に就任し、北海道のAI活用における中心的役割を担う。人工知能に関する発表論文多数。

HIROKI TOMIYAMA

富山 浩樹代表取締役会長

1976年北海道札幌市生まれ。
札幌で大学卒業後、日用品卸商社に入社。
福島や東京での勤務を経て2007年(株)サッポロドラッグストアーに入社。
2015年5月に社長就任。2016年春からは新「サツドラ」ブランドの推進をスタートし、インバウンドにも力を入れる。また2016年8月にはサツドラホールディングス株式会社を設立し代表取締役社長に就任。「リテール×マーケティング」のコンセプトのもと、チェーンストア経営や共通ポイントカード「EZOCA」の運営を軸とした次世代エコシステムの構築に挑戦中。

RYOTA ONO

小野 良太博士(情報科学)AI アーキテクト

北海道大学博士後期課程修了(情報科学)。
主に最適化問題、マルチエージェントシミュレーション、情報推薦、観光情報について研究。
在学中に川村教授らと共に株式会社調和技研を設立し、同社の研究開発事業、イベント情報配信サービス「びもーる」の開発、運営に中心的に携わるなど、AIブームの到来前から自然言語処理や最適化等の技術をアカデミック、ビジネス両者において取り組む。
博士号取得後は調和技研での勤務と並行し、北海道科学大学や北海道情報大学の非常勤講師を兼任し、情報処理や観光情報に関する講義を担当。
2017年4月より現職。

MAKOTO TAKAHASHI

高橋 誠プロジェクトマネージャー

大学卒業後、大手SIerで大規模システム開発を数多く経験した後、ライブドア社にてディレクターとして新規サイトの立ち上げに携わる。
その後、ヘッドハンティングされたアイオイクス株式会社にてソリューションサービスの開発〜導入運用フェーズまでを担当すると共に、 複数の新規事業立ち上げに携わりマネタイズに大きく貢献。
同社のWebマーケティングツールを延べ550社に導入し、コンサルティング、運用保守を統括。
2017年6月より現職。

ROBERT JOHN

Robert Johnグローバルマネージャー

ニューヨーク市のRPI工科大学でコンピューターサイエンスを学び、在学中ゲームソフトの会社と絡みネット事業への興味を持つ。
卒業後は東京へ渡り、大手ゲームソフト会社でMMORPGタイトルの海外ネットワークチームの担当。
その後、大手企業をクライアントにもつベンチャー企業にてローカライズや営業チームを担当すると共に、特許事務所に勤めアメリカの特許弁理士の資格を取得した後、電通isobarにて大手企業のコンサルティングに従事し、数々の大規プロジェクトの海外展開を支援。
2016年9月より現職。